医療に役立つ精密機械に関する総合情報サイト

医療に役立つ精密機械

医療機器の設置されたところでの注意

精密医療機器はそのほとんどが電子回路を内蔵しています。ですから弱い電波でもこれらも機器の近くで発信するとこれらの機器に影響が出ることがあります。

もちろん医療機器はそうした場合でも狂わないように対策を取って設置されてはいます。スマホ一つとっても、万全な対策がとれているわけではありませんから、病院の指示に従ってスマホ等の使用に注意が必要です。特別な必要がない限りスマホ等の使用は控えるのが良いといえますね。

個人的にも植え込み型心臓ペースメーカー等を使用しているときには、装着部分からスマホを15センチ以上離して持ち歩くようにするべきですね。通話の場合も、医療機器装着部分と反対の耳で聞くように心がけるとよいですね。

精密機械は狂いやすい

理想的には完璧で狂いのない作業や動きをするものが精密機械ですね。

そして私たちの時代には電子技術の発達で、こうした精密機械が電子技術で制御されていることが多いですね。つまり機械的にそして電子的に精密であればあるほど周りの出来事に影響されて狂いやすいものとも言えますね。もちろんいろんなバリヤーを始め保護対策はとられていますが完璧な保護対策はあり得ません。

そして機器が物質で制作されている以上、それらの物質が温度や湿度の影響を受けることは避けられません。物質は温度の影響で伸びたり縮んだりします。それは避けられません。1センチの長さのものについて1ナノの長さを制御しようとすると温度管理を0.01度までしなくてはなりません。