医療に役立つ精密機械に関する総合情報サイト

医療機器の製作

精密機器における職人的技術

精密機械も究極的にはまっすぐに動いたり回転したりという各部品の正確さに依存しています。非常に原始的な運動の正確さに戻るのです。

車のエンジンのようなものも、型に流し込んで作ったものでは十分に精密ではありませんから、職人が削ったり研磨して精密にします。航空機産業も精密医療機器も同じことです。

職人の名人芸と最先端のハイテクとの調和した融合の結果なのです。

医療機器の構造部品は耐食性を求められますから、メッキが施してあることが多いのですが、メッキの薄い塗膜で覆うためにはメッキされる表面が非常になめらかでないと、精密なメッキができないのです。

そんな表面の研磨も職人の名人芸に依存しているのです。ちょうど人工頭脳やビッグデータが長い人類に歴史の中で培われてきた人の直感にまだ追いつかないようなものですね。

医療精密機械の豆知識

精密機器というと何か電子部品がぎっしり詰まった製品を思い浮かべがちですが、狭心症や心筋梗塞の治療に使われるステントや医療手術用の小型鉗子も精密機器といえます。

こうした機器の精密な削り出し加工は、やはり職人の名人芸的な技術によるものです。鋳型から作られたエンジンの精度が必要な部分を職人の名人芸的な切削加工で仕上げるのと同じことですね。

ハイテクといわれる技術の進歩だけではなく常にそこには職人的な技術に裏打ちされたものがあるのですよね。

そうした職人たちの名人芸的技術が発揮される工作機械を挙げておきますね。*旋盤。*卓上ボール盤。*アーク溶接機。*フライス盤。*スポット溶接機。*帯鋸盤。*歯切り機。*ガス溶接機。